交通事故慰謝料(むち打ち症)のしおり

Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
むち打ち症など、交通事故の慰謝料は保険屋さんにすべて任せればいいやと思っていませんか?そうする事で確かに“楽”はできますが、もしかしたら“大損”しているかも知れません。当サイトで正しい知識を身に付けてもらい、騙されないポイントや合法的な慰謝料増額方法、後遺障害獲得方法などをご紹介しています。

14級と12級の違い

正しい基準で14級と12級の違いを知って下さい

むち打ち症の後遺障害認定は、大きく分けて14級と12級に分類されます。

14級は「局部に神経症状を残すもの」
12級は「局部に頑固な神経症状を残すもの」

です。

簡単に説明すると、

14級は「自覚症状のみでも、医師が症状の存在を確認(推定)出来れば14級」
12級は「医学的に他の人が診ても確認出来る症状(他覚的所見)なら12級」

という事です。

14級9号「局部に神経症状を残すもの」
       32万円→自賠責基準
       40万円~→任意保険基準
        110万円→裁判基準  ※赤い本で算出した場合

12級13号「局部に頑固な神経症状を残すもの」
       93万円→自賠責基準
       100万円~→任意保険基準
       290万円→裁判基準  ※赤い本で算出した場合

ちなみに任意保険基準は、保険の自由化に伴い自算会が強制的に定めていた基準は撤廃されました。

保険会社はよく「当社の基準では・・・」と言います。

その基準は一応あるのでしょう。会社で基準を作るのは自由ですからね。
ただし、一民間企業の定める基準?に従わなければいけない法律はありません。

それに「加害者の加入する保険会社」と契約していないのです。

交通事故でむち打ち症の慰謝料について正しい知識を身に付けたい!

MENU

保険屋の手口

むち打ち症