交通事故慰謝料(むち打ち症)のしおり

Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
むち打ち症など、交通事故の慰謝料は保険屋さんにすべて任せればいいやと思っていませんか?そうする事で確かに“楽”はできますが、もしかしたら“大損”しているかも知れません。当サイトで正しい知識を身に付けてもらい、騙されないポイントや合法的な慰謝料増額方法、後遺障害獲得方法などをご紹介しています。

自動車修理・代車は

全損でもらえる金額を増やすには・・・

車体価格を修理費が上回ると、全損として車体価格が支払われます。

この時、保険屋さんの提示してくる車体価格が安くて悩まれた方が多いのではないですか?

金額を上げるポイントは、

「車検が残っている」
「ナビなどの付け替え作業費」
「同等の車の乗り出し価格でないと認めない」
「新しい車を買いに行く、手間賃、交通費」
「新しい車が来るまでの代車費用」

と言いましょう。

仮に知人などから、車体価格20万円前後の車を、50万円で買ってしまっていた場合(かっこよかった等)には、50万円で買ったという証明の書類を記載してもらいましょう。

判子さえ押してあれば、書式の形式は何でも構いません。

提示された金額よりアップする可能性があります。

車屋さんからの代車はなぜ嫌がるのか?

「提携していない」「金額が高い」からでしょうか、保険屋さんは修理屋、又は車屋から代車を出されるのを嫌がる傾向があります。

「指定のレンタカー屋で借りてくれ?」
「そうでないと代車は認めない?」

そうしたら修理屋、又は車屋から代車を出してもらう場合には、こう言いましょう。

「わナンバーは嫌だから」これだけでOKです。

「わ」の付くナンバーはレンタカーです。見栄え的にレンタカーは恥ずかしいですよね?

交通事故でむち打ち症の慰謝料について正しい知識を身に付けたい!

MENU

保険屋の手口

むち打ち症