交通事故慰謝料(むち打ち症)のしおり

Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
むち打ち症など、交通事故の慰謝料は保険屋さんにすべて任せればいいやと思っていませんか?そうする事で確かに“楽”はできますが、もしかしたら“大損”しているかも知れません。当サイトで正しい知識を身に付けてもらい、騙されないポイントや合法的な慰謝料増額方法、後遺障害獲得方法などをご紹介しています。

保険屋の手口(治療打ち切りトーク)

事故と症状の因果関係がないから治療打ち切り?

保険屋さんが好む打ち切りトークです。

仮にMRIにて症状が投影されていたとします。
そうするとかなりの高い確立でこう言われます。

「事故でなったのか元々あったのかは分からない。事故によって症状が発生したとは断定出来ません。」

これには医師も言います。

「元々症状があったのか事故でなったのかは分からない。」

そんな事は被害者には関係ありません。

ここでの問題は「だから何なのか?」と言う事です。

「しっかりと賠償されるのか?」だけに重点をおいて下さい。

仮にヘルニアが元々画像所見にてあったとしても症状がなかったのだから、事故のせいとなるのです。

壊れやすかったからといって、事故で症状が発生したのですから事故のせいとなります。

裁判所も「個人の身体的特徴を斟酌すべきでではない」との見解を示しています。

医師、保険屋さんに「事故のせいではない」と言われてどうしたらいいか分からない被害者が後を絶ちません。

交通事故の賠償問題に詳しい医師は稀なので、医師と事故でなったならないで争っても仕方がありません。

保険屋さんに打ち切られそうになっている?

「元々画像所見があったとしても痛くなかった。既往歴もありません。元々壊れやすかったからといって、痛みがなかったのだから、加害者の不法行為によっての痛みですので、交通事故損害賠償の観点からみれば加害者の責任になるとご存知ですよね?これには裁判所も「個人の身体的特徴を斟酌すべきでではない」との見解を示しています。知っていますよね?」

医師で知っている人は稀ですので注意して下さい。

交通事故でむち打ち症の慰謝料について正しい知識を身に付けたい!

MENU

保険屋の手口

むち打ち症