交通事故慰謝料(むち打ち症)のしおり

Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
むち打ち症など、交通事故の慰謝料は保険屋さんにすべて任せればいいやと思っていませんか?そうする事で確かに“楽”はできますが、もしかしたら“大損”しているかも知れません。当サイトで正しい知識を身に付けてもらい、騙されないポイントや合法的な慰謝料増額方法、後遺障害獲得方法などをご紹介しています。

治療と健康保険

『健康保険を使った方がいい』ってよく言われてるけど?

健康保険を使って治療費が浮いた分、「慰謝料に回してくれ」と事前に交渉する人がいるのですが、保険屋さんと事前に交渉しておけば可能です。

ただ運悪く、治らなくて長く通院する事になってしまった場合には保険屋さんに、金目当てだと思われても仕方ありません・・・

金目当てだと思われたら、保険屋さんはより一層払いたくないという気持ちになります。

お医者さんもいい顔しないため、(健康保険の場合、収入が減るから)保険屋さんが有利になる事を言われる可能性もあります。

医師が重要になってくる為、医師がマイナスになる事をするのはやめましょう。

それに、「逸失利益を満額もらう交渉の道具」としては弱すぎです。

尚、健康保険で通院した場合、健康保険組合が直接加害者(保険会社)に請求するしくみです。

健康保険で通院する場合の注意点は示談する時には必ず健康保険組合に連絡して下さい!

連絡せずに示談してしまうと給付を受けられなくなる場合があるのです。

給付されるかされないかは示談の内容によって決まるのです。

ですから必ず連絡を入れましょう。

ちまたでは「健康保険を使え!」と情報が蔓延していますがこのような注意点を説明せずにただ使った方が得だ!としているので危険です。

又、業務上、通勤途中は健康保険の適用は出来ません。

この場合は労災保険で給付を受ける事になります。

余談ですが、私なら健康保険は使いません。

なぜなら医師に「有利に診断書を記載してもらう時の布石」だからです。

交通事故でむち打ち症の慰謝料について正しい知識を身に付けたい!

MENU

保険屋の手口

むち打ち症