交通事故慰謝料(むち打ち症)のしおり

Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
むち打ち症など、交通事故の慰謝料は保険屋さんにすべて任せればいいやと思っていませんか?そうする事で確かに“楽”はできますが、もしかしたら“大損”しているかも知れません。当サイトで正しい知識を身に付けてもらい、騙されないポイントや合法的な慰謝料増額方法、後遺障害獲得方法などをご紹介しています。

賞与減額証明書

仕事を休んで賞与が減額した場合には、保険屋さんに支払ってもらえます

賞与の減額とは、仕事を休業した事によってボーナス等が減額されてしまう事です。

ただ、保険屋さんに「ボーナスが減額されたから支払ってくれ」と言っても支払われません。

口で何と言おうと「支払えません!」の一点張りです。

でも、ここで言う「支払えません!」と言うのはまんざら嘘でもないのです・・

なぜかというと「書類も提出しないでは支払えない」からです。

ここで、保険屋さんの言う「支払えません!」というのは「賞与減額証明書を提出してくれなくては支払えません!」という事なのです。

ただ、保険屋さんは教えてはくれません。

教えたら書類を用意してくるので「支払えません!」しか言わないのです。

この場合は保険屋さんに賞与減額証明書をもらい、職場で記入してもらいましょう。

話はまだ終わらないのです。

「賞与減額証明書の書式を下さい!」と言っても保険屋さんはこう言います。

「書式は職場によって違うので職場でお願いして下さい」

それで職場にお願いしても、大手の会社は用意してくれるでしょうがそうでない会社なら、職場の人に「何て書けばいいの?」と言われてしまいます。

これでは困ってしまいます。

そうしたら保険屋さんにこう言いましょう。

「自賠責の11号様式で賞与減額証明書があるのになぜ回りくどい事をするのですか?それを下さい!」

もらったら職場の人に記入してもらいましょう。

書面に関して、保険屋さんは何も教えてはくれないので「書面にすればいいのですよね?」等、確認していきましょう。

交通事故でむち打ち症の慰謝料について正しい知識を身に付けたい!

MENU

保険屋の手口

むち打ち症